外国企業の日本戦略

170727
日本に投資する外国企業が増えている。デフレと低成長にあえぐ日本で何をしようとしているのか。彼らの日本戦略とは。毎月第1、第3金曜日掲載。
すべての文頭を開く

【外国企業の日本戦略】シーメンス「デジタルに国境ない」 【第4回】藤田研一社長に聞く(08/18)

「日本とドイツ企業は競合ではなく協業関係にある」と話すシーメンスの藤田研一社長=東京(NNA撮影)
欧州最大の重電企業シーメンス。日本進出は明治20年(1887年)にさかのぼり、今年は130周年を迎えた。脱・原…

続きを読む

【外国企業の日本戦略】電気バスの投入拡大へ 【第3回】中国BYDの現地法人(08/04)

「事業を通じて地域貢献の質を引き上げていきたい」と語るビーワイディージャパンの花田晋作執行役員
中国の電気自動車(EV)業界のトップを走ってきた比亜迪(BYD)が、日本に法人を設立したのは2005年。…

続きを読む

【外国企業の日本戦略】シャープから中国企業に 【第2回】「中国製造2025」が後押しする投資(07/28)

ハイシンク創研が入居する京都リサーチパーク。ベンチャービジネス支援を目的とする施設で、研究開発スペースなどを備える(NNA撮影)
中国のソフトウエア開発大手が昨年秋、京都市に研究開発(R&D)の子会社を設け、ビッグデータや人工知能…

続きを読む

【外国企業の日本戦略】3兆円の流入、意外な商機 【第1回】日本の救世主なるか(07/27)

買い物代行のオネストビー。労働力不足や交通弱者など社会的課題を解決するビジネスとしても注目される=東京・港区(NNA撮影)
東京のオフィス街ではパリッとしたビジネススーツのインド人や中国人が連れだって歩いている光景は珍しくな…

続きを読む

すべての文頭を開く

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン