解決!職場の人材マネジメント

Icon id.manege
企業研修を手掛けるインダストリアル・サポート・サービス・インドネシア(ISSI)の奥アドバイザーが、現地での人材マネジメント方法を事例などを交えながら紹介します。
すべての文頭を開く

【職場人材】第150回 報連相の意味(01/13)

一般的に報連相を話題にすると、「部下から報告がスムーズに上がってこない」「部下からの報告や連絡がもっ…

続きを読む

【職場人材】第149回 在庫を持ちすぎていませんか(2019/12/23)

現在、インドネシアにさまざまな日系の工場が進出しています。そして、ほとんどの工場は材料を国際価格で仕…

続きを読む

【職場人材】第148回 なかなかデータが出ない理由(2019/12/09)

先日、弊社の公開セミナーの際に、私が担当している工場の参加者が、必要なデータが各部門から報告されない…

続きを読む

【職場人材】第147回 5Sを楽しく(2019/11/25)

私は工場の生産現場を見るのが大好きです。物が出来上がっていく様子が見られるからです。しかし、それより…

続きを読む

【職場人材】第146回 小集団活動のススメ(2019/11/11)

私は工場のコンサルタントの中で小集団活動を推奨しています。QCC(QCサークル)という言い方もありま…

続きを読む

【職場人材】第145回 完成品を現場の作業者に(2019/10/28)

度々言っていることですが、工場もしくは会社が発展できるかどうかは、現場の作業者にどれだけやる気を持っ…

続きを読む

【職場人材】第144回 何気ない一言が(2019/10/14)

以前、こんな話を聞いたことがあります。ある工場で、日本から会長が来て以来、現場の作業者が挨拶をしなく…

続きを読む

【職場人材】第143回 作業者のやる気を高めるために(2019/09/23)

前回、日本人上司としての仕事は、「安楽早正」のものづくりのための環境づくりではないか、という話をしま…

続きを読む

【職場人材】第142回 日本人とインドネシア人の捉え方の違い(2019/09/09)

私はいくつかの工場で「現場改善クリニック」と称してコンサルティングを行っています。そこではなるべくコ…

続きを読む

【職場人材】第141回 機械の不具合について(2019/08/26)

前回、工場の利益を妨げる三つの要素として、不良、在庫そして機械の不具合について取り上げ、在庫について…

続きを読む

【職場人材】第140回 在庫管理について(2019/08/12)

インドネシアで工場の現場を見せていただくと、在庫の多さに驚かされます。おそらく、在庫に対する危機意識…

続きを読む

【職場人材】第139回 上司は私のお手伝い(2019/07/22)

製造業の場合、会社に利益をもたらしているのは現場の作業者であることは疑う余地もありません。ですから、…

続きを読む

【職場人材】第138回 書類の重複はありませんか(2019/07/08)

ある工場でオフィスの5Sの指導を頼まれました。オフィスに入ってみるとそこかしこが書類の山でした。そこ…

続きを読む

【職場人材】第137回目的を考える(2019/06/24)

前回、「難しいことを簡単にわかりやすく相手に伝える」のが「質の高い報連相」の一つの表れではないか、と…

続きを読む

【職場人材】第136回仕事ができる人とは(2019/06/17)

「仕事ができる人ってどんな人ですか」と聞かれたらどのように答えますか。私の所属する日本報連相センター…

続きを読む

【職場人材】第135回作業者に情報を(その2)(2019/05/27)

前回、作業者と情報を共有化することの重要性についてお話ししました。どんな会社でも、会社の運営状況に関…

続きを読む

【職場人材】第134回作業者に情報を(その1)(2019/05/13)

何回か情報(データ)に関する重要性をお伝えしております。私が所属している日本報連相センターでは、「情…

続きを読む

【職場人材】第133回 使えるデータを(2019/04/22)

おそらく、日々の仕事の中でさまざまなデータや報告書を作成していると思います。しかし、それらの中で本当…

続きを読む

【職場人材】第132回 日本人としての誇りを(2019/04/08)

突然ですが、私は世界中で宗教心が一番強い民族は日本人だと思っています。このように言うとほとんどの人が…

続きを読む

【職場人材】第131回 怒りは禁物(その2)(2019/03/25)

前回、過去に私が日本語を教えていた大学で感情的になり、その大学を追い出された話をしました。今回は、私…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン