SMBC豪為替マーケット分析

060814 syd icon
豪ドル市場のレビューやプレビューを通じ、為替の動きをタイムリーに毎週分析。

【2020年の休載日】
01/09,02/06

すべての文頭を開く

【為替マーケット分析】先々週の生き写し(07/02)

■これまでの動き 週明け6月22日のシドニー時間朝、ビクトリア州でコロナウイルス新規感染者数が増加した…

続きを読む

【為替マーケット分析】上値狙いに疲労感(06/25)

■これまでの動き 週明け15日、前週後半の不安定な株価の流れを引き継ぐ形で、アジア時間から米株先物やア…

続きを読む

【為替マーケット分析】ケチャップ・ズルルッ(06/18)

■これまでの動き 先々週末6月5日の米国5月雇用統計が予想を大きく上回り、景気底入れの兆しが見られた…

続きを読む

【為替マーケット分析】ケチャップをドバッで全戻し(06/11)

■これまでの動き 主要国における経済活動再開に伴う景気底打ち期待が高まるにつれてセンチメントが改善、…

続きを読む

【為替マーケット分析】「期待」が「懸念」に勝り、戻り高値更新(06/04)

■これまでの動き 先週の豪ドルは、週明け5月25日、前週末の流れを引き継ぐ形でまずは下値をトライ。シド…

続きを読む

【為替マーケット分析】戻り高値更新、風向きは怪しく(05/28)

■これまでの動き 週明け5月18日、まずは先々週末の流れを引き継ぎ、豪ドルは下攻めするも0.6411米ドルま…

続きを読む

【為替マーケット分析】サイドディッシュで重くなり(05/21)

■これまでの動き 週明け5月11日、先々週末の流れを引き継ぐ形でアジア時間のうちに豪ドルは上値を試し、…

続きを読む

【為替マーケット分析】期待と懸念のパッチワーク(05/14)

■これまでの動き 先週の豪ドルは、週初、週央に二度下値を試したが共に0.63米ドル後半で止まり、その後週…

続きを読む

【為替マーケット分析】3分の2戻しで漂う「やりすぎ感」(05/07)

■これまでの動き 先週の豪ドルは、4月27日週明け早々に週の安値となる0.6377米ドルをつけた後は、この週…

続きを読む

【為替マーケット分析】脚気(かっけ)の検査の如く(04/30)

■これまでの動き 先週の豪ドルは、週足で3週連続となる陽線を引いたが、値幅も3週連続で狭まった。主役…

続きを読む

【為替マーケット分析】半値戻しでお釣り(04/23)

■これまでの動き 先週は豪州固有の材料が幾つかあった。4月14日、豪州3月企業景況感指数はマイナス21と…

続きを読む

【為替マーケット分析】楽観ムード漂う中、豪州固有材料に生体反応現る(04/16)

■これまでの動き 週明けの4月6日、重要経済指標が無い中、コロナウイルス感染拡大「ペース」の鈍化が材…

続きを読む

【為替マーケット分析】健康あっての相場、「Wash your hands」「Stay safe」(04/09)

■これまでの動き 週明け3月30日、前週末に成立した2兆米ドル規模の経済対策に続いて第4弾の追加景気刺…

続きを読む

【為替マーケット分析】消防士は「消火に水を使いすぎた」と批判されることは決してない(04/02)

■これまでの動き 3月23日、米連邦準備理事会(FRB)は、緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開…

続きを読む

【為替マーケット分析】豪ドル、一時2002年10月以来の0.55米ドル台前半 対円も60円割れ(03/27)

■これまでの動き 先々週指摘した、嫌な気づきが具体化してしまった。相場はリスクオフモード(安全資産の…

続きを読む

【為替マーケット分析】各国中銀協調、RBAも追加緩和へ 豪ドル一時0.60米ドル台(03/19)

■これまでの動き 週明け3月9日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国で構成される「OPECプ…

続きを読む

【為替マーケット分析】利下げはワクチンにあらず 原油ショックも加わり0.63米ドル台・64円台突入(03/12)

■これまでの動き コロナウイルス感染拡大が続く中、先週は主要国の中央銀行がカードを切った。3月3日に…

続きを読む

【為替マーケット分析】米金融市場が変調し、0.64米ドル台突入(03/05)

■これまでの動き 先週初2月24日、イタリアや韓国、イランなど中国以外複数の国で、コロナウイルス感染者…

続きを読む

【為替マーケット分析】0.65米ドル台突入、約11年ぶり安値を更新(02/27)

■これまでの動き 2月17日、0.6720米ドル付近で取引開始となった先週の豪ドルは、同日中に週の高値となる…

続きを読む

【為替マーケット分析】今年初めての週足陽線、しかし「泣きっ面に蜂」は続く(02/20)

■これまでの動き 先週初、引き続き新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大に対する懸念…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン