【地平エコノミストのニュースクリック】アジア経済の独走体制の弱化と韓国経済の課題

■資源制約によるアジア経済の成長鈍化 世界経済は先進国の安定的な金融政策、石油価格の安定、新興市場の好調により、過去約20年間、安定した成長期を謳歌(おうか)してきたが、最近のグローバルな金融ショックと原材料価格の上昇により、インフレーションが復活するなど世…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムシンガポールインドロシアアジア中央アジア中南米中東アフリカ欧州
関連業種: 化学その他製造金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロッテに不買運動の危機再燃 日韓の合弁多数、会長トップ外交(07/19)

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

韓国が仲裁委開催拒否へ、「一方的に設定」(07/19)

対日貿易摩擦で一丸、文氏が与野党と協議(07/19)

日韓貿易摩擦、電子業界に新たな逆風も(07/19)

韓国輸出規制「9割賛成」、日本の意見公募(07/19)

DRAM価格が急上昇、日韓貿易摩擦で(07/19)

韓国3年ぶり利下げ、景気低迷や日本規制で(07/19)

ピルバラミネラル、リチウム事業放出進まず(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン