• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『奇食珍食 糞便録』

■『奇食珍食 糞便録』

椎名誠 集英社

2015年8月発行 760円+税

───────────────

やはり中国での留学中に何度もお世話になったのは、本書に登場する「ニーハオトイレ」。「開放トイレ」とでも呼ぼうか、いろいろな意味でオープンで、互いの姿を確認したりしながら事を処理する。著者も言うように、初めは恥ずかしいが回数を重ねるごとに「羞恥心も薄れていく」。

北京の大学の寮は奇数階に女子トイレ、偶数階に男子トイレがあった。ある時、男子トイレに韓国人の女子学生が2人やって来て、それぞれ個室に入り大きな声でおしゃべりしながら用を済ませた。中国暮らしで羞恥心が薄れたのか、2人の個性によるものなのか、はたまた別の理由あったのかは定かではない。本書にはアジアの、世界のさまざまなトイレとその利用者が登場する。あの2人が特別珍しいわけではないと思うようにした。

ほかにタクラマカン砂漠やメコン流域、インド、シベリア、南米などでのトイレ体験が書かれている。

本書後半は奇食、珍食の話。アジアの駐在員もネタは豊富にあるはず。だが著者の「カンボジアに慣れるには虫食に慣れるということだ」「カマキリはけっこううまい」との言葉に、彼我の経験の大きな差を思い知らされた。

───────────────

いささか根性を必要としたのは便所であった。(本書より)

───────────────

<目次 のぞき見>

・タクラマカン砂漠を舞うピンクウサギ

・モルジブの見事な食物連鎖

・ベトナムの正しい「カワヤ」

・メコン川で考える「世界の水問題」

・人間はどんなものまで食えるのか

───────────────

<著者紹介>

椎名誠(しいな・まこと)

1944年東京生まれ、作家、写真家、映画監督。1979年『さらば国分寺書店のオババ』でデビュー。SF作品、紀行エッセーなど多数。近著に『本人に訊く〈弐〉おまたせ激突篇』(目黒考二との共著、椎名誠旅する文学館)。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年6月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

住友商事、建機販売・レンタル会社買収(22:15)

島津製作所、高血圧の共同研究施設を開所(22:22)

関空到着のベトナム人、英変異種に感染(18:15)

対中貿易「不公正と戦う」、米次期商務長官(13:16)

パナ、換気できるエアコン開発中(14:59)

冷凍庫2万台確保にめど、コロナワクチン保管(14:59)

コロナ感染世界で1億人、2カ月半で倍増(20:44)

シャンパン20年出荷18%減、対日輸出は28%減(14:08)

テイクオフ:出生率5.8なんて聞く…(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン