アジアに行くならこれを読め!

161226read asa icon
アジアに関連するさまざまな分野の書籍を紹介する書評コーナー。NNAの無料ビジネス媒体「NNAカンパサール」から転載。
すべての文頭を開く

【アジアに行くならこれを読め!】『対米交渉のすごい国 カナダ・メキシコ・NZに学ぶ』(07/24)

■『対米交渉のすごい国 カナダ・メキシコ・NZに学ぶ』 今回のメキシコでの取材では、いろいろな人に北…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『奇食珍食 糞便録』(07/03)

■『奇食珍食 糞便録』 椎名誠 集英社 2015年8月発行 760円+税 ─────────────── や…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『カレーライス進化論』(06/26)

■『カレーライス進化論』 水野仁輔 イースト・プレス 2017年5月発行 840円+税 ──────────…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『文明の十字路=中央アジアの歴史』(05/29)

『文明の十字路=中央アジアの歴史』 岩村忍 講談社 2007年2月発行 1,080円+税 われわれの身近な…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『あとは野となれ大和撫子』(05/22)

『あとは野となれ大和撫子』 宮内悠介 KADOKAWA 2017年4月発行 1,600円+税 次なる自分を…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『仕事も人間関係もうまくいくANAの気づかい』(04/24)

『仕事も人間関係もうまくいくANAの気づかい』 ANAビジネスソリューション KADOKAWA 201…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『世界でトヨタを売ってきた。』(04/17)

『世界でトヨタを売ってきた。』 岡部聰 開拓社 2016年8月発行 1,500円+税 ───────────…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『和僑 農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人』(03/27)

■『和僑 農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人』 安田峰俊 著 KADOKAWA 2016年4月発…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『中国人エリートは日本をめざす』(03/20)

■『中国人エリートは日本をめざす』 中島恵 著 中央公論新社 2016年10月発行 780円+税 ──────…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『地球全史の歩き方』(02/27)

『地球全史の歩き方』 白尾元理 著 岩波書店 2013年4月発行 1,900円+税 前回紹介した『オフ・ザ・…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所』(02/20)

『オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所』 アラステア・ボネット 著/夏目 大 訳 イースト・プレス…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『上海狂想曲』(01/30)

■『上海狂想曲』 高崎隆治 著 文藝春秋 2006年8月発行 750円+税 戦時下のジャーナリズムを研究す…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『ふたつの故宮博物院』(01/23)

■『ふたつの故宮博物院』 野嶋剛 著 新潮社 2011年6月発行 1,200円+税 中国と台湾にある「故宮博…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『世界屠畜紀行』(01/23)

■『世界屠畜紀行』 内澤旬子 著 角川書店 2011年5月発行 857円+税 屠畜(とちく)とは、動物を殺…

続きを読む

【アジアに行くならこれを読め!】『なぜ蚊は人を襲うのか』(2016/12/26)

■『なぜ蚊は人を襲うのか』 嘉糠洋陸 著 岩波書店 岩波科学ライブラリー251 2016年7月発行 1,200円…

続きを読む

すべての文頭を開く

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン