• 印刷する

【アジア本NOW】『中国料理の世界史 美食のナショナリズムをこえて』

ビジネスパーソンにおすすめのアジア関連書籍を、新刊を中心に紹介。NNA編集スタッフが選んだ今号の本は、『中国料理の世界史 美食のナショナリズムをこえて』(岩間一弘著、慶応義塾大学出版会)。

■世界史と中国料理のおいしい関係性をひもとく

「中国料理はなぜ世界中に広まったのか?」という素朴な疑問にとことん向き合い、世界史を絡めて解説したグルメな学術書だ。

著者は慶応義塾大学文学部の教授で、東アジア近現代史の他、食の文化交流史、中国都市史を専門とする岩間一弘氏。前作にあたる『中国料理と近現代日本 食と嗜好の文化交流史』では、日本における中国料理の進化の歴史を解き明かしたが、本書では範囲を世界に拡大。中国料理の発展の解説から始まり、アジア、欧州、米国に進出した中国料理がいかに各地で大衆化されていったのかを、索引を含めて約630ページにわたって紹介した。

特に心が躍ったのが「アジアのナショナリズムと中国料理」と題されたパート。華人が東南アジア各地に移住し街を形成していく中で、中国料理が現地の国民食として発展していく過程をシンガポールの「海南チキンライス」、マレーシアの豚肉スープ「肉骨茶(バクテー)」、フィリピンの春巻き「ルンピア」といった実例をたっぷりと取り上げながらつづる。

タイの焼きそば「パッタイ」は、1930年代にタイ政府が主導して中国料理を改良し、発案した比較的新しい料理だそうだが、その背景には同時期に起こったナショナリズム(国家主義)の高揚と、反華人感情の高まりがあったという時代背景も丁寧に記されており、近現代史の書としても楽しめる。

まさに食に歴史あり。本書を一読すれば、中国料理の味わいが何倍にも豊かに感じられるはずだ。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『中国料理の世界史 美食のナショナリズムをこえて』

岩間一弘 著 慶応義塾大学出版会

2021年9月20日発行 税込み2,750円

──────────────────────────────

■その他のBOOK LIST

※書籍の紹介文は各出版社の宣伝文から引用(原文ママ)。記載の発行日、発売日、価格(消費税込み)は紙版の情報

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『グローバルビジネスと企業戦略 経営学で捉える多国籍企業』

岩谷昌樹 著 法律文化社

2021年8月20日発行 2,640円

なぜサムスン電子はアジア最大のグローバルブランドになれたのか?なぜシャープは業績不振に陥り、鴻海精密工業の子会社となったのか?……さまざまな多国籍企業の成功と失敗の事例から、世界でビジネスを展開し成功するための戦略を学ぶ。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『アジアの情報通信産業と産業クラスター』

税所哲郎 著 白桃書房

2021年8月31日発行 3,900円

調査の対象とした国・地域として、後発開発途上国であるバングラデシュ・ラオス、新興国であるベトナム、そして日本の沖縄県を中心に取り上げる。そして情報通信産業と産業クラスターに焦点を合わせ、日本とアジア地域との共創としてのビジネスのあり方を考察する。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』

福嶋亮大 著 講談社

2021年9月15日発売 2,200円

帝国化する中国、香港の苦境、深刻な国家対立、ウイグル弾圧、一帯一路構想―― イデオロギーとしての”ユーラシア” があなたの世界認識を変える。政治・思想・文学の地平から激動の根源を探る日本と東アジアを架橋する画期的論考!

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『ミクロデータからみる現代中国の社会と経済』

厳善平 著 勁草書房

2021年8月25日発行 5,500円

日本ではあまり利用されていない大規模調査のデータを活用し、教育、就業、階層、格差といった現代中国の抱える諸問題に焦点を絞り、戸籍、党員、民族、ジェンダー、地域など中国固有の要因が有意な影響を与えているか、時間の経過と共にどのように変化してきたかなどについて実証的に解明し、その結果を様々な制度に絡めて分析する。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『インドネシア―世界最大のイスラームの国』

加藤久典 著 筑摩書房

2021年8月5日発行 1,012円

インドネシアに計8年間暮らし、その文化と宗教を研究してきた社会人類学者が、綿密なフィールドワークで得た多様なムスリムの声とともに、教義と実践の狭間で揺れる大国の論理と実態を描きだす。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『インドビジネス ラストワンマイル戦略 SDGs実現は農村から』

松本勝男 著 日経BP

2021年9月15日発売 2,970円

本書では、インドの開発状況を踏まえながら、これまで日本では伝えられてこなかった農村ビジネスの実態やラストワンマイルの克服方法、また、困難を乗り越えた起業家らの活動を現地インタビューや写真で鮮やかに伝えます。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『アジアのある場所』

下川裕治 著 光文社

2021年8月25日発売 1,430円

「アジアがある場所」の片隅に座り、ビールを飲み、アジアの味を口に運ぶ。もうそれだけで満足するようなところがある。なぜこんなにも穏やかな気持ちになれるのだろうか。(「はじめに」より)

スコールで思いだすタイ人の流儀、ミャンマー人の作るスパイシーな寿司、ケバブで感じるイスラムの夜……

今日も僕は、「アジアのある場所」にいる。

※特集「アジア本NOW」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2021年10月号<https://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 中国インドネシアインド日本中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

印をエアコンの製造拠点に 国内の部品調達、29年に8割目標(12/03)

双方向重視、日本の目利きも 食品卸アングリスの挑戦(下)(12/03)

日本の牛丼、比市場攻略へ 価格訴求高く、制限緩和にも期待(12/03)

テイクオフ:青と白の照明で飾られた…(12/03)

ブリヂストン22年乗用車、前年比5%増へ(12/03)

【アジア三面記事】競走馬31頭が空の旅(12/03)

マルチ・スズキ、来年1月に値上げ実施(12/03)

新生銀、軍隊商銀のカンボジア法人に出資へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン