• 印刷する

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化

米商務省産業安全保障局(BIS)は4日、ミャンマーへの輸出規制を強化すると発表した。輸出先の国・地域別分類で、米国の安全保障上の懸念がある中国と同じグループに指定。米国製品や技術の輸出が制限される。国軍によるクーデターや、デモ弾圧を受けての措置。

ミャンマーは従来、日本などと同じグループに属しており、安全保障上の理由で輸出が規制されている品目であっても、米当局の許可が不要な例外が幅広く認められていた。今後は、中国などと同じ安全保障上の懸念国のグループに入るため、例外の適用範囲が制限される。

商務省はまた、ミャンマー国防省、内務省、国軍系複合企業のミャンマー・エコノミック・コーポレーション(MEC)とミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)を、安全保障上問題がある組織として「エンティティーリスト(EL)」に追加し、さらに厳しい輸出管理の対象とすることも決めた。

ELに掲載された組織に対して、米国製品の輸出や米国由来の技術の移転などを行う場合、全て商務省の許可が必要になる。ただし、許可申請は、原則的に却下される事実上の「ブラックリスト」といわれている。2019年5月には、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)がリスト入りしている。

商務省は声明で、国軍によるデモ隊への暴力を「強く非難」し、追加の措置を検討していることも明らかにした。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソン・ガンホ主演の「タ…(04/20)

「2つの政府」混乱が現実味 民主派、軍政を徹底的に否定(04/20)

「虚偽ニュース」で拘束、日本人フリー記者(04/20)

北角さんの即時釈放を、国際ペンなど声明(04/20)

「民政復活」占いに希望、弾圧下の市民(04/20)

抗議デモ犠牲者の追悼集会、東京の増上寺で(04/20)

ティンジャン休暇の死者、少なくとも27人(04/20)

人権団体、制裁対象者を追加でリストアップ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン