• 印刷する

【アジアの穴場】北埔(台湾) 台北から日帰りで体験する客家の文化

観音菩薩を祭る北埔慈天宮。この一帯が「北埔老街」として栄えている

観音菩薩を祭る北埔慈天宮。この一帯が「北埔老街」として栄えている

ビーフンの産地や半導体産業の集積地として知られる、台湾の新竹。台湾高速鉄道(新幹線)の駅からさらにバスで約40分足を延ばすと、山あいの町、北埔(ベイプー)に到着する。ここでは、客家(ハッカ)という民族の文化に触れることができる。

客家は、中国大陸では主に華南の一部地域に居住して独自の客家語を話す、漢民族の一つとされる。ユダヤ人などとともに世界の四大移民集団の一つとしても知られ、中国大陸や台湾以外に住む華僑・華人の3分の1を占めるという。固有の国や自治体などは持たないが、独自の文化を大切にすることでも知られる。

北埔は路地散策も面白い

北埔は路地散策も面白い

台湾の全人口に占める客家の比率は約18%。台湾の民族グループで最も多い中国・福建省南部出身のホーロー人は、16世紀後半以降、台湾海峡に面する台湾西部の平野部から北部にかけて定住し、集落を作っていったが、これに遅れてやって来た客家は、山間部や南部を開拓した。このことから、北西部・新竹県の山あいや、南部の屏東県などには、客家の人口比率が高い町が点在する。北埔もそうした地域の一つで、台北から最も近い客家の里と言えるだろう。

北埔の見どころは「北埔老街」と呼ばれる一帯だ。30分も歩けば一通り回ることができる小さなエリアだが、歴史的な建造物や客家料理を出す食堂などが集まり、見どころは多い。

町並みは一見、台湾のほかの田舎の町と変わらないが、「客家菜」(客家料理)の看板を掲げた飲食店があちこちに建っている。きしめんのような平たい麺「板条」や豚の大腸の炒め物、タケノコの炒め物、豚肉と漬け菜の蒸し物など、一般的な台湾料理とは違う味を存分に楽しめる。白ゴマや黒ゴマ、カボチャの種、落花生などを鉢ですり合わせ、湯を注いで飲む「擂茶(レイチャ)」は穀物の豊かな香りが独特で、お土産としても人気が高い。

客家独自の文化で、穀物をすり合わせた飲み物の擂茶。腹持ちがいい

客家独自の文化で、穀物をすり合わせた飲み物の擂茶。腹持ちがいい

かつて北埔に行くには、新竹から複数のローカルバスを乗り継ぐ必要があったが、台湾高速鉄道の新竹駅から観光用のシャトルバスが運行してからは簡単に行けるようになった。新竹と合わせて、台北からの日帰りの旅にお勧めだ。(文・写真=大石秋太郎)

豚肉やネギ、イカ、豆干などを炒めた客家の定番料理。「客家小炒(客家風の炒め物)」の名で売られている

豚肉やネギ、イカ、豆干などを炒めた客家の定番料理。「客家小炒(客家風の炒め物)」の名で売られている

<アクセス>

台湾高速鉄道の新竹駅からシャトルバス「台湾好行・獅山線」の獅山行きに乗って「北埔老街」で下車。所要約40分、58台湾元(約220円)。バスは、新竹駅からの始発が8時19分で復路の最終便が17時17分。バスは往路復路ともに1日8本の運行。(バスの料金や便数は2017年10月現在)

※特集「アジアの穴場」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年11月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】10月31日~11月6日(11/18)

東京海上、デジタルで成長へ ベトナム保険市場の拡大も目指す(11/18)

日系リンクルージョン、新たに資金調達(11/18)

中国非鉄業界の一帯一路、採算面で慎重さも(11/18)

【この人に聞く】山田コンサル、事業本格化 進出ブームでない今こそチャンス(11/18)

観光、人材活用でミャンマーと連携、日商(11/18)

華為が5Gスマホを来年日本投入、複数機種(11/18)

日産が「アルメーラ」新型発売、アジアで初(11/18)

再エネ商社カイロス、地場企業と日本で合弁(11/18)

日本が液体フッ化水素の輸出許可=韓国報道(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン