• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『あとは野となれ大和撫子』

『あとは野となれ大和撫子』

宮内悠介 KADOKAWA

2017年4月発行 1,600円+税

次なる自分を生まないために。あまねく生者のために。(本書より)

───────────────

「それで、しょうがないから、国家をやることにしようかなと」——。両親を紛争で失い、後宮で教育を受ける日系二世の少女ナツキは、リーダー格の少女に決意を告げられる。そしてナツキは、中央アジアの崩壊寸前の小国で突如、国防相を務めることになる。

後宮の少女たちが率いることになったのは、架空の小国「アラルスタン」。カザフスタンとウズベキスタンの間に位置する砂漠の中の国で、現実の世界では、環境破壊によってほぼ消滅した塩湖、アラル海があった地域だ。ソ連が崩壊に向かう1990年に建国され、ウイグルやチェチェンといった周辺の紛争地帯から新天地を求めた人々が集まって住んでいるという設定で、多民族や資源、環境破壊など、現代の中央アジアのさまざまな問題が題材となっている。そして、大人たちからの反発や過激派組織との内戦、周辺国の脅威など山積みの課題が、主人公たちに降りかかっていく。

著者の宮内氏は本書の執筆に当たり、ウズベキスタンなどを訪れている。ロシア語を共通語とした会話や、スペインのファストファッションブランド『ZARA』が人気であることなど、現地取材が中央アジアのリアルな描写に生きている。困難に立ち向かう少女たちに励まされながら、中央アジアの空気感も味わえる一冊だ。

────────────────

<目次 のぞき見>

・塩の都

・水上の後宮

・船の墓場

・あまねく生者のために

・レインメーカー

────────────────

<著者紹介>

宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)

1979年、東京生まれ。SF作家。早稲田大学第一文学部卒業。高校生から小説を書き始め、大学ではワセダミステリクラブに入る。2010年に囲碁を題材とした『盤上の夜』で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞、12年に同作収録の『盤上の夜』で単行本デビュー。その後も人種や紛争など幅広い題材を扱った作品を刊行し、13年には『ヨハネスブルグの天使たち』が直木賞に、16年には『カブールの園』が芥川賞にそれぞれノミネートされた。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年5月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(15:23)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(17:56)

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(19:31)

20年は史上最も暑い年に、世界平均気温(15:22)

マック30年でロシア極東に、ウラジオストク1号店(18:47)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン