NNA ASIA

EUのEV関税、影響限定的

価格競争力の維持可能、輸出増も

欧州連合(EU)欧州委員会が12日に中国製電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、日本人識者は「中国自動車業界への影響は大きくない」との見方を示した。中国製EVの価格競争力が大きくそがれるほどの税率ではないとみており、中国の欧州へのEV輸出は今後も増え続ける可能性があると見通した。【吉田峻輔】

NNAからのお知らせ