【ASEAN経済共同体】インドとの3極体制への挑戦:最も近い地産地消のホンダ

【第13回】完成車メーカーはタイを依然、中核拠点とするが、描く未来図はインドネシア、インドとの3極体制だろう。インドネシアの新車市場規模が東南アジア諸国連合(ASEAN)最大に育って、各社が投資を拡大。トヨタ自動車は国内販売だけでなく、輸出拠点にも育てようとして…

関連国・地域: 中国韓国タイインドネシアオーストラリアインド日本ASEAN米国中南米中東アフリカ
関連業種: 自動車・二輪車運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイのビーチへ旅行を計…(04/25)

タイ国境鉄道、実用化に課題 運営・設備整わず、輸送網に遠く(04/25)

アマゾンが輸出支援を本格化 タイに支援部隊、中国企業を追う(04/25)

1~3月の新車販売、11%増の26万台(04/25)

2019年3月のタイの新車販売台数(表)(04/25)

タンチョンとスバル、タイ車組立工場を開所(04/25)

ベンツTTC、AMGブランドセンター設置(04/25)

デスティニ関連会社、航空機2社の点検受注(04/25)

ニルヴァーナ、大和ハウスと一戸建て開発(04/25)

フレイザーズ、シンガの自動化企業に出資(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン