【中島岳志氏に聞く~11億人の消費市場】最終回「対印関係深化の鍵は」

日本企業がインドを重要な進出先としてとらえる中、すでに同国市場では韓国企業などが大きなプレゼンスを持ち、自動車メーカーをはじめ多数の外資が展開を加速している。一方、2008年には米国との原子力協力協定が発効。さらに、最近ではこれまで敵対してきた中国と関係を深めてい…

関連国・地域: 中国韓国インド日本ロシアアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:開催中の五輪で、性的少…(08/04)

建機市場30年に250億ドル 政府、グリーン燃料の採用を促進(08/04)

【月次リポート】自動車ニュース(21年7月) EU、35年にガソリン車販売禁止(08/04)

インド産冷凍肉、条件付きで輸入再開(08/04)

電子決済「eルピー」、首相が始動を発表(08/04)

ABBがアウディと提携、EV充電器を供給(08/04)

タタ自、乗用車価格の引き上げを発表(08/04)

ルノー、印からSUVカイガーを南アへ輸出(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン