• 印刷する

キャセイ航空、貨物機2機の受け取り延期

キャセイパシフィック航空はこのほど、米ボーイング製の貨物機2機の受け取りを、当初予定していた来年から再来年に延期することを決めた。背景には航空貨物需要の弱含みが来年も続くとの観測がある。

キャセイ航空はボーイングに対し、747―8型機を10機発注していた。このうちの4機は既に納入が済んでおり、残りの6機については来年に納入が予定されていた。梁月芬(キャロライン・リョン)広報担当によれば、受け取りが延期されたのはこのうちの2機。今回の決定でキャセイの来年の貨物取扱能力の引き上げ幅は、従来の17%から10%に縮小されることになる。

キャセイの判断について大和証券グループの香港を拠点とするアナリスト、劉健恒(ケルビン・ラウ)氏は「貨物需要は来年も弱含みが続き17~18%の拡大は見込めないため、キャセイにとって良い判断だろう」と語った。

キャセイは先週、11月の貨物取扱量が前年同月比13.8%減の13万2,430トンとなり、8カ月連続で前年を下回ったと発表していた。

<香港>


関連国・地域: 香港米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ホテル隔離3日間に短縮 12日から、4日間は行動制限(08/09)

新たに4040人感染、前日から234人減(08/09)

マカオからの珠海入境、検問所でPCR検査(08/09)

そごう運営の利福、株式非公開化へ(08/09)

消費券で売上高1割増、飲食業界が期待(08/09)

ペニンシュラ運営会社、中間決算は黒字(08/09)

反落、ハンセン指数は0.8%安=香港株式(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン