• 印刷する

冷凍食品CPリテーリング、工場を増設

大手財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)グループ傘下で冷凍食品やパンを生産するCPリテーリング・アンド・マーケティング(CPRam)は、2013~17年に200億バーツ(約520億円)を投じて、全国7カ所に工場・配送センターを開設する計画だ。バンコクポストが報じた。

7カ所のセンター開設により、年間売上高は5年以内に現在の2倍となる200億バーツに達すると見込んでいる。東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)の発足に伴う需要拡大に備える狙いもある。

センターを新設する7カ所は、東部チョンブリ、中部ナコンパトム、東北部ウボンラチャタニ、ナコンラチャシマ、北部ナコンサワン、南部スラタニ、プラチュアプキリカン。現在はバンコクなど6カ所に開設している。

CPリテーリングは、「ジェード・ドラゴン」ブランドの点心、「デリ・タイ」ブランドの冷凍食品、「ル・パン」ブランドのパンを生産する。生産量は現在、点心が日産180万個、冷凍食品が28万箱、パンが140万個。製品は、親会社であるCPオール(CPALL)のコンビニエンスストア「セブンイレブン」などで販売している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

ホスピテルとホテル隔離、9月1日に停止へ(08/11)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/11)

新規の感染者2316人、死者35人(11日)(08/11)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン