• 印刷する

未来の基幹技術開発へ、「ギガコリア」事業

韓国は国策課題として、コンテンツとプラットホーム、ネットワーク、端末機の4分野で基幹技術の開発に取り組む。韓国国会の知識経済委員会は29日、「ギガコリア」プロジェクトのロードマップを発表した。

電子新聞によると、事業は知識経済部や放送通信委員会、文化体育観光部など6官庁・機関が共同推進する。2013年からの8年間に官民合計で5,501億ウォン(約400億円)が投じられる予定だ。

ネットワーク分野では、第4世代(4G)移動通信のロング・ターム・エボリューション(LTE)サービスより50倍速い第5世代(5G)移動通信サービスの開発が挙げられる。テラ級の有線網技術も確保する計画だ。

端末分野は、処理能力を10倍、保存能力を1,000倍に引き上げることを目標に高性能端末の基幹技術開発を進める。プラットホーム分野では大容量データの処理速度を1,000倍向上させ、大型の体感メディアを処理できる基幹技術の完成を目指す。コンテンツ分野は体感映像コンテンツの具現に重点を置く。

すでに日米中などが同様のプロジェクトに着手している。韓国はこのプロジェクトを通じ、情報通信技術(ICT)全般で世界の主導権をつかみたい考え。ただ、複数の官庁が共同推進することで、むしろ実行力が落ちるのではないかとの指摘もある。


関連国・地域: 中国韓国日本米国
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

コンビニが低価格商品を強化 超高物価に対応、PB導入も加速(08/19)

新規感染者17.9万人、死者61人増(08/19)

米国のEV優遇策、韓国車は対象外に(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

現代自の国内工場、上半期は稼働率100%超(08/19)

大同モビリティー、カカオ傘下と提携(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン