北部の電力逼迫、峠越える 節電と水力フル稼働、続く綱渡り

ベトナム北部で電力需給の逼迫(ひっぱく)に緩和の兆しが見えてきた。最近の首都ハノイの1日の電力消費量は平均6,940万キロワット時で、6~7月のピーク時から2割近く減少。暑さが収まる9月に向けて需要は落ち着いていくと予想される。石炭価格の高騰と一部の火力発電所停止で…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1470人、前日から492人増(09/30)

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(09/30)

GDP、3Qは13.7%の伸び コロナ反動、内需持続が焦点(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

9月輸出は10%増、主力の電話関連は7%減(09/30)

9月消費者物価指数、3.94%上昇(09/30)

9月鉱工業生産13%増、二輪・四輪けん引(09/30)

22年9月の主要鉱工業製品の生産量(表)(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン