米EV優遇で日本勢不利、要件厳格化で

【ワシントン、ニューヨーク共同】バイデン米政権が目玉政策と位置付ける「インフレ抑制法案」に盛り込まれた電気自動車(EV)の促進策について、自動車業界から懸念の声が上がっている。生産拠点や原材料の調達で要件が厳格になるためで、現地の拠点が少ない日本勢は不利になる…

関連国・地域: 中国韓国日本米国
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕ヤマトホールディングスなど(10/04)

テイクオフ:「からい」。デリーのハ…(10/04)

マニラ地下鉄、新区間着工へ 商業地区に駅、現政権下で初(10/04)

技術見本市、日系も売り込み スマートソリューションなど紹介(10/04)

日本紙パルプ商事、印刷関連企業を買収(10/04)

経団連が与党政策を高評価、献金判断基準に(10/04)

9月の乗用車販売、主要全7社が2桁以上増(10/04)

シンガポール航空グループ、東アジアで増便(10/04)

パナが暖房機生産6倍超へ、欧州で需要増(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン