EC成長を業界楽観、ウクライナ問題影響なし

インドネシア電子商取引協会(idEA)は3日、電子商取引(EC)の取引額が増加を続けるとの見通しを示した。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、世界的に食料やエネルギー価格が上昇しているものの、国内の購買力への影響はまだ見られないという。2025年のECの流通総額(…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いつも利用する生鮮食料…(08/09)

首都の交通データ販売開始 村田製作所、州政府に35カ所(08/09)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

中国・五菱の小型EV生産開始、世界初(08/09)

首都EV展示会、来場者は4万5000人(08/09)

航空運賃さらに引き上げ許可、燃油費高騰で(08/09)

AP2、航空会社に五つのインセンティブ(08/09)

LG系列、インドネシアで都市設計コンサル(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン