太陽光発電の設置が再加速 今年100GWも、記録大幅更新へ

中国の太陽光発電設備の設置が再び加速している。今春は新型コロナウイルス流行などの影響で設置ペースがやや落ちたが、その後、従来のハイペースを取り戻した。業界団体は、国内の今年の新設容量が100ギガワット(GW)に達する可能性があると予測。従来予測を1割以上引き上げた…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕ヤマトホールディングスなど(09/27)

テイクオフ:先週末、広東省で日中国…(09/27)

ムセの国境貿易、中国で都市封鎖も影響なし(09/27)

LGがモジュールレス電池 25年量産へ、CATLに対抗(09/27)

大都市で進むビールの高級化 海外勢に追い風、日系も攻勢へ(09/27)

半導体不足で月30万台に影響、ボッシュ中国(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

NEV輸出が好調、1~8月で昨年通年超え(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン