LNG火力の実現可能性精査を、新電力計画

ベトナム政府は、2021~30年の電力開発の指針となる第8次国家電力開発基本計画(PDP8)で、液化天然ガス(LNG)火力発電の30年時点での発電容量を2,400万キロワット前後とし、全電源に占める割合を16.4%にする方向で最終調整を進めている。しかし、ロシアのウクライナ侵攻…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

南北高速鉄道27年着工目指す 総額587億$、党政治局判断へ(08/16)

ホンダ二輪価格に落ち着き、供給回復で(08/16)

三菱倉庫、物流大手ITL株13%強取得(08/16)

カイメップ・チバイ港、航路改良事業が承認(08/16)

バンブー航空、新会長に元国営航空副社長(08/16)

タングステン供給世界一、実現は不透明(08/16)

年内の発電用石炭はほぼ確保、電力公社(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン