強まる中印の存在感、「制裁逃れ」限界説も

【北京、ニューデリー、サンパウロ共同=竹内健二、高司翔一郎、中川千歳】ウクライナ侵攻に対する経済制裁で日米欧がロシア産エネルギーの輸入禁止を進める中、受け皿として中国とインドの存在感が強まっている。ロシアは「制裁逃れ」のため、中国、インドのほかブラジルや南アフ…

関連国・地域: 中国インド中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

印軍用機HAL、マレーシアで事務所開設(08/19)

二輪ロイヤル、350ccの新型車発売(08/19)

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン