年内の肥料生産に影響なし 代替確保も成長鈍化や物価高懸念

インドネシアの国営肥料製造ププック・インドネシアは15日、ウクライナ危機を背景に、世界的に肥料原料の輸入価格高騰や供給不安が生じているものの、年内は同社の生産に支障はないと発表した。従来の主な原料の輸入先であるカナダや、ロシア以外の国からの輸入量を増やすことで対…

関連国・地域: インドネシアロシアカナダ中東
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕日本山村硝子など(08/08)

テイクオフ:お酒を飲んだ後は締めに…(08/08)

7月新車、29%増8.6万台 慎重傾向続く、展示会で弾み(08/08)

再参入フォード、首都で初の3S対応店(08/08)

奇瑞汽車、23年8~9月にEV投入予定(08/08)

中韓がEV関連事業に150億ドル、国営企業相(08/08)

繊維リサイクル研究所、南洋理工大学で開設(08/08)

4~6月GDP成長率5.44% 回復堅調、景気後退の心配無用(08/08)

現物支給、22年度から個人所得税で徴税(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン