シンガポール航空の業績改善 赤字幅が78%縮小、売上2倍に

新型コロナウイルス禍で経営に深刻な打撃を受けたシンガポール航空の業績が回復に向かっている。2022年3月期の連結決算は9億6,200万Sドル(約893億円)の赤字となったが、赤字幅は過去最大を記録した前期から78%縮小した。売上高は2倍に拡大。ワクチン接種を完了した人を対象…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染11504人、3カ月ぶり高水準(28日)(18:24)

テイクオフ:図書館に通うのが日課に…(06/29)

脱炭素化3戦略、テマセク提示 東南アジアのグリーン経済(下)(06/29)

【食とインバウンド】日本のハラールトラベル2.0 第36回(06/29)

イスラエル企業、経済開発庁と提携(06/29)

ポストコロナ行程表作成へ、経済・雇用重視(06/29)

AIAと経営大、保険数理の人材育成で提携(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン