中国は知財保護強化を、優先監視に7カ国指定

【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は27日発表した貿易相手国の知的財産権保護に関する状況を分析した年次報告書で、知財保護に重大な懸念がある「優先監視国」に中国など7カ国を指定した。中国に対して「知的財産保護の状況を改善するため、抜本的な変化が必要」と保護…

関連国・地域: 中国ベトナムインドネシアインド日本ロシア中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

リモート研修はコロナ後も、VR活用の体験会(21:00)

豪の訪日実証ツアー、旅行大手6社が実施へ(19:55)

セルトリオン、日本でバイオ後続品申請へ(17:50)

新規感染1179人、前日から140人減=23日(19:54)

東南アジアで溶接技術つなぐ 日新電機、ミャンマーで金属加工(05/23)

テイクオフ:パキスタンは現在、38…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

テイクオフ:土曜の昼下がり、広州の…(05/23)

コロナ禍で2年越しの進出 八天堂、ムスリム市場に挑戦(上)(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン