• 印刷する

LGエナジー、GMと米に第3電池工場

韓国バッテリー大手のLGエナジーソリューションと米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は25日(米現地時間)、ミシガン州に米合弁会社アルティウム・セルズの電気自動車(EV)バッテリー第3工場を建設すると発表した。投資額は26億米ドル(約2,960億円)で、2024年下半期の完成を目指す。

新工場での量産開始は25年初旬の見通しで、生産能力は将来的に年50ギガワット時まで増強する計画。1回の充電で500キロ以上走行できる高性能EV約70万台分のバッテリー生産が可能だ。

アルティウム・セルズは今後、オハイオ州の第1工場(35ギガワット時以上)を22年中に、テネシー州の第2工場(35ギガワット時以上)を23年にそれぞれ操業開始する予定。第3工場を含めた米国での生産能力は計120ギガワット時以上に引き上がることになる。

■35年には全車種を電動化

米国のEV市場は急成長が見込まれている。アルティウム・セルズが生産したバッテリーはGMの新世代EVに搭載される予定。GMはこの日、アルティウム・セルズへの投資や自社工場のEV生産工場転換などのため、総額70億米ドルを投じる計画を発表した。25年までに30種以上のEVモデルを発売し、35年には全車種を電動化する。

LGエナジーソリューションの北米市場での生産能力は、自社工場とアルティウム・セルズの3工場を合わせて計200ギガワット時に拡大する。この生産力を生かし、成長市場を取り込みたい考えだ。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車電機化学

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新興カーシェア、現代自の新型EV導入へ(21:07)

中銀が0.25%追加利上げ 2会合連続、インフレ抑制へ(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

新規感染者1.9万人、死者34人増(05/27)

現代自、水素燃料使用のドローン初公開(05/27)

地場企業のデジタル化、サムスン支援で始動(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン