【現場で語る2022年】市場の重要性不変、強み生かす 双日・木ノ下氏「付加価値を」

双日の現地法人、双日ベトナムの木ノ下忠宏社長は「ベトナムは、これまで当社が積み上げてきた事業の経験や強みが生かせる国であり、市場としての重要性は変わらない」と話す。昨年は新型コロナ感染第4波を受けた厳格な規制措置が講じられたことで停滞の1年となったが、投資拡大…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料農林・水産その他製造建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新規感染1239人、前日から36人減(05/27)

5月前半は貿易赤字27億ドル 月間で過去最大か、資源高響く(05/27)

アップルのイヤホン、ベトナムに生産移管か(05/27)

地場企業のデジタル化、サムスン支援で始動(05/27)

初のグリーン水素工場が6月着工、地場企業(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン