• 印刷する

【アジア本NOW】『超加速経済アフリカ LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図』

ビジネスパーソンにおすすめのアジア関連書籍を、新刊を中心に紹介。NNA編集スタッフが選んだ今号の本は、アジアを含む各国企業からの投資が相次ぐ、アフリカ市場に迫った経済書『超加速経済アフリカ LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図』(椿進著、東洋経済新報社)。

■アジア企業も参戦、成長市場の最前線レポート

副題の「LEAPFROG(リープフロッグ)」とは、かえる跳び、もしくは馬跳びのこと。新興国や途上国において、先進国が一歩ずつ進めてきた技術発展をぴょんと飛び越え、一気に最先端の技術やサービスに追いつく現象を指す。そんな実例あふれるアフリカ大陸の今を、分かりやすく解説したのが本書だ。

著者の椿進(つばき・すすむ)氏は、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)を経て2008年にアジアやアフリカなどの新興国に特化したコンサルティング企業を創業。新型コロナウイルス流行前は毎月のようにアフリカに渡り各地を視察するだけでなく、自らもルワンダで東京ドーム40個分の広さのナッツ農園を経営する、アフリカビジネスを知り尽くした人物だ。

大陸の大きさや人の若さといったアフリカ市場の高いポテンシャルを示すデータを盛り込みながら、日本よりはるかに進んでいるモバイルマネーのサービスや、急拡大しているヘルステック(ITを活用した医療サービス)など豊富な先進事例を紹介する。

中国が行っている大型投資の背景や、サムスンなど韓国企業のアグレッシブな進出ぶりについてもページを割いて詳しく解説。巨大経済圏構想「一帯一路」を掲げ、中国がアフリカ各地に深く入り込んでいる様には圧倒されるが(日本人約7,500人に対し、中国人は推定100万人が現地にいるとか)、「日本にもまだチャンスがある」と説き、成功のヒントを伝授する。

一般人宅の家庭訪問レポートや、アフリカ人の朗らかな人柄を伝えるコラムも掲載するなど、経済一辺倒でないのも本書の良さ。アフリカに関する知識をアップデートするのに最適な一冊だ。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『超加速経済アフリカ LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図』

椿進 著 東洋経済新報社

2021年6月10日発行 税込み1,980円

──────────────────────────────

■その他のBOOK LIST

※書籍の紹介文は各出版社の宣伝文から引用(原文ママ)。記載の発行日、発売日、価格(消費税込み)は紙版の情報

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『日本企業の為替リスク管理 通貨選択の合理性・戦略・パズル』

伊藤隆敏、清水順子、鯉渕賢、佐藤清隆 著 日経BP

2021年9月17日発売 3,850円

日本には世界有数の製造業があり、円は国際通貨であるにもかかわらず、輸出入においてドル建てシェアが円建てよりも高いのはなぜなのか。その謎を解明すべく2007年より日本企業にインタビュー、アンケート調査、分析を行ってきた他に類を見ない貴重な研究の集大成。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『グローバル・ガバナンス・コンプライアンス―海外進出前のデザインから進出後の対応まで』

中山達樹 著 中央経済社

2021年10月11日発行 2,750円

20年にわたり日本企業の海外進出を支援してきた著者が贈る、海外拠点とすることの多い米国、中国等16か国の法実務やその国に適した人材についての「実践的」アドバイス。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『観光・レジャーによるアジアの地域振興』

山口有次、戸崎肇 編著 芦書房

2021年10月8日発売 1,980円

コロナ後の観光・レジャーを考える。誰もが観光・レジャーを楽しみたい。しかし、観光・レジャー産業は平和でなければ発展しない。コロナ禍が収束すれば、アジアそして世界で観光・レジャー活動は再び発展し、国際交流が活発化するだろう。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『東アジアが変える未来』

Voice編集部 編 PHP研究所

2021年10月14日発売 1,023円

現在、欧米が生み出した資本主義や民主主義、さらには社会主義において、様々な矛盾や限界が露呈しており、いわばマイナーチェンジが求められているといえよう。本書ではそれらの行き詰まりを打破するヒントとなる取り組みや思想について、東アジアの識者、賢人に語っていただく。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『香港政治危機 圧力と抵抗の2010年代』

倉田徹 著 東京大学出版会

2021年9月17日発売 3,520円

自由都市・香港はなぜこのような事態に陥ったのか――。一国二制度で高度な自治権を有していた香港が、2020年の7月に「国家安全維持法」の施行によって大きく変質した。この状況を、香港政治研究の第一人者である著者が、あらゆる角度から分析し、香港危機の深層に迫る。香港情勢分析の最新成果。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『アジアン・コモンズ いま考える集住のつながりとデザイン』

篠原聡子 著 平凡社

2021年10月20日発行 3,740円

設計・教育・研究に活躍する女性建築家の最新著作。ソウル、台北、シンガポールなど、アジア主要国首都の集合住宅を紹介・分析する。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

『オリンピックにふれる』

吉田修一 著 講談社

2021年10月4日発売 1,540円

香港、上海、ソウル、そして東京――分断された世界に、希望は生き残れるか?小説だから見えてくる、光と翳のオリンピック。変貌をとげるアジアの街で、人生の岐路に揺れる若者たち。コロナ下の東京に、オリンピックの幕が上がる。2021年夏、東京オリンピックと同時進行で新聞連載された話題作「オリンピックにふれる」をふくむ注目の最新小説集!

※特集「アジア本NOW」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2021年11月号<https://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 中国香港日本アフリカ
関連業種: 金融建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱UFJ、環境融資に注力 台湾上場企業など7社に600億円(01/20)

東南ア初のららぽーと開業 三井不、コロナ禍で1年遅れも(01/20)

【アジア本NOW】『K−POP時代を航海する コンサート演出記』(01/20)

日系企業「生産拡大に期待」 展望22年(上)、躍進の14億人市場(01/20)

外国車勢、日本でEV強化(01/20)

21年電動車販売3200台、EVは5倍以上に(01/20)

豪全土から日本への入国、隔離3日に(01/20)

ブランド名JTEKTに、軸受けや工作機械事業(01/20)

魚介自給率94%へ引き上げ、32年度目標(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン