Z世代の意識、社会変化促す 気候危機「決定的な10年」(3)

日本企業の気候変動対策が加速しているのは、2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」目標の法制化や投資家の要求の変化に加え、若者、とりわけZ世代(1990年代半ば以降に生まれた世代)の意識が変化していることも要因だ。地球温暖化に伴う気象災…

関連国・地域: 日本アジア東アジアASEAN
関連業種: 食品・飲料天然資源メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

キリンが国際仲裁へ、軍系との合弁解消巡り(12:51)

日立金属、科技研の共同研究に7億追加投資(13:55)

テイクオフ:三省堂がこのほど発表し…(12/06)

ホテルニッコー、開業時期を24年に延期(12/06)

【書籍ランキング】11月18日~11月24日(12/06)

【この人に聞く】東急不動産、中間層に照準 賃貸・分譲住宅、首都圏で(12/06)

農産物輸出が初の1兆円へ、牛肉や日本酒増(12/06)

ホンダが新会社、電動三輪バッテリーシェア(12/06)

NSWとNTからの日本入国、隔離規制を維持(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン