NY金市況、24日は小幅反発

【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク商品取引所の金先物相場は小幅反発し、取引の中心となる12月渡しが前日比1.90ドル高の1オンス=1,751.70ドルで取引を終えた。 中国不動産大手、中国恒大集団の経営破綻への懸念が根強く、比較的安全な資産とされる金を買う動きが優勢とな…

関連国・地域: 日本
関連業種: 金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

【食とインバウンド】拡大する「サスティナブルツーリズム」(10/27)

軸受けNTNの競争委調査、違反なしで終結(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

オムロン、ロボットの達明機器人に出資(10/27)

日立金属で検査不正、航空機・発電機向け特殊鋼(10/27)

ダイヤモンド電機、アユタヤの子会社を清算(10/27)

シャープが新世代液晶TV、ミニLED国内勢初(10/27)

トヨタ、印工場での100%炭素中立を達成(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン