〔ミ島通信〕鉄道事業、22年6月までに着工

フィリピン運輸省は、中国が支援するミンダナオ鉄道敷設事業の第1期が2022年6月までに着工されるとの見通しを明らかにした。同事業は、新型コロナウイルス感染症対策の外出・移動制限の影響で着工時期が大幅に遅れている。17日付インクワイラーが伝えた。 バタン次官によると、…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…(11/29)

14カ国からの入国禁止 新変異株対策、12月15日まで(11/29)

観光客の受け入れ再開中止、新変異株対策(11/29)

新型コロナ感染838人、11カ月ぶり低水準(11/29)

国家接種デー、目標900万回に引き下げ(11/29)

出稼ぎ者の帰国80万人超え、労働省(11/29)

国交省、公共事業省とトンネル管理で協定(11/29)

10~12月のGDP5.3%成長、ING予測(11/29)

アボイティス系、22年の設備投資53%増(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン