農林水産のCO2ゼロへ新法、モデル地区

【共同】農林水産省は6日までに、2050年の農林水産分野の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロなどを目指す「みどりの食料システム戦略」の実行に向け、新法を制定する方針を固めた。全国でのモデル地区創設や技術開発への財政支援が柱で、中長期的な取り組みを後押しする。来年の通常…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(10/16)

TSMCが日本工場設置発表 24年に量産開始、成熟プロセス(10/15)

テイクオフ:自動車工場のカフェテリ…(10/15)

【アジア三面記事】じゅげむを認めて(10/15)

損保ジャパン現法、施設点検にドローン活用(10/15)

タイ航空、11月から日本便などの運航再開(10/15)

日鉄がトヨタを提訴、電動車の製造販売差し止め(10/15)

商船三井のCVC、現地ファンドに出資(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン