米議員、ロヒンギャ対応で統一政府に異論

複数の米下院議員が、ミャンマー民主派の設立した「挙国一致政府(NUG)」を同国の合法的な政府として承認することに異論を唱えている。西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの代表者がNUGの閣僚に含まれていないことが理由。独立系メディアのミッジマが10日、バ…

関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

政情不安の影響一段と拡大 対日輸出、4月は4割減に(06/14)

4月の対米輸入7割減、輸出も2割減(06/14)

昨年10月~今年5月の輸出18%減(06/14)

100人以上の新規感染者確認、6日連続(06/14)

弾圧の死者862人に=12日まで(06/14)

国軍、テロ容疑のAA関係者ら10人を釈放(06/14)

国軍派政党の関係者殺害、これまで死者70人(06/14)

国軍支持者の武装組織、報酬は5千チャット(06/14)

中国系縫製工場で爆発、エヤワディ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン