• 印刷する

イオンモール3号店、土地建物を自社所有に

インドネシアの不動産デベロッパーのセントゥール・シティーは19日、同社が開発する西ジャワ州ボゴール県の新興都市にある「イオンモール セントゥールシティ」の土地と建物を、イオンモールインドネシアに売却したと発表した。売却額は1兆9,000億ルピア(約141億3,300万円)で、15日に売却が成立した。

「イオンモール セントゥールシティ」は、イオンモールのインドネシア国内3号店。2020年10月末に一部先行オープンする形で開業。これまでイオンモールがセントゥール・シティーから総面積約7万平方メートルを借りて運営していた。

イオンモールインドネシアの礒部大将社長はNNAの取材に、土地建物を譲り受けた結果、従来のマスターリース契約を解消して自社運営に切り替えたと説明。「イオンモール セントゥールシティの運営に影響は全くない」と強調した。

礒部社長によると、先行開業時の入居店舗数は約110店舗。入居率は4割だったが、今月末には約6割まで増加する予定だという。現在はボゴール県の小規模行政単位の行動制限(PPKM)に従い、営業時間を午前10時~午後9時に短縮している。

イオンモールは首都ジャカルタ南部のタンジュンバラット、西ジャワ州ブカシ県の「デルタマスシティ」にも新店舗を開発しており、開業時期はそれぞれ年内、23年度以降の予定だ。

セントゥール・シティーによると、売却金は事業の運営費やキャッシュフローの改善に充てるという。

イオンモール セントゥールシティの外観=西ジャワ州ボゴール県(イオンモール提供)

イオンモール セントゥールシティの外観=西ジャワ州ボゴール県(イオンモール提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

2回目のPCR検査、隔離9日目に(12/03)

不動産のVAT減免、22年末まで延長を提案(12/03)

入国隔離期間、10日間に延長 政府高官の海外渡航は禁止(12/03)

高速道でナンバー規制、20日から首都圏近郊(12/03)

新車奢侈税減免、来年も延長を検討(12/03)

ブリヂストン22年乗用車、前年比5%増へ(12/03)

日本紙パルプ商事、新工場が本格稼働(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン