ニッケル製錬の新技術に進展 22年商業生産開始、日本へ販売も

インドネシアのエネルギー系複合企業トリニタン・グループが開発したニッケル鉱石製錬技術「段階的温度酸浸出技術(STAL)」が注目されている。既存の製錬技術に比べて小規模、低コスト、低環境負荷で稼働できることから、供給先を失っている低品位のニッケル鉱石の需給に大き…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では昨今、公園や路…(05/11)

デジタル活用、アジアに学ぶ MUFGの東南アジア戦略(4)(05/11)

31日まで小規模行動制限を延長、30州で(05/11)

新型コロナ変異株24件に増加、保健相(05/11)

民間ワクチン1回分で50万ルピア=調整相(05/11)

アストラゼネカ製ワクチン第3陣到着(05/11)

自動車生産台数、4月は前月比12%減少(05/11)

ダイハツ4月小売り11%増、2カ月連続伸び(05/11)

バンテン州ルバックを新たな経済成長地域に(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン