• 印刷する

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長

台湾経済部(経済産業省)の王美花部長(経産相)は20日、同日に米国でバイデン新政権が誕生したことを受け、台米の経済関係はより深まるとの見方を示した。台米間の貿易協定締結にも自信を見せた。21日経済日報が伝えた。

王部長は、「バイデン政権の対中姿勢はトランプ政権と大きな違いはない」と指摘。米中の対立関係は継続し、米国は台湾との関係を重視するとの考えを示した。経済面では、ノートパソコン、半導体、電気自動車(EV)、第5世代(5G)移動通信システムといった分野で協力が深まるとみている。

ただ、為替分野では難しいかじ取りを迫られる見通し。バイデン政権は各国・地域に為替への介入を行わないよう求めているが、王部長は域内の従来型製造業(非ハイテクの製造業)で現在の台湾元高・米ドル安が大きな問題になっているとの認識。王部長は「バランスを取りながら対処したい」と述べた。

米国の対台湾の貿易赤字拡大については、「米国企業が台湾サプライヤーに高い信頼を置いていることの表れ」と発言。米中貿易摩擦や台湾企業の回帰投資の増加も要因とみており、貿易赤字が台米関係悪化を招くことへの懸念は示さなかった。


関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(02/26)

新型コロナ感染者、954人に(02/27)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

慧栄が竹北で新本部ビル着工、24年に運用(02/26)

聯電が環境用途の社債発行、同社初(02/26)

1月のスマホ販売54万台、前月比2.5%減(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン