• 印刷する

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…

タイの国鉄フアランポーン駅。行き止まり式のプラットホームにゆっくり入線する日本製の古びたブルートレイン、ドーム型の駅舎内で何時間も列車を待つ人々、屋台の揚げ物の匂いやねっとり肌にまとわりつく汗――。かつての日本の上野駅にも似た懐かしい雰囲気を持つ、バンコク在住中のお気に入りスポットだった。

20キロ以上離れたドンムアン空港までの運賃は5バーツ(約17円)と30年以上据え置かれ、朽ちた客車には旅愁が漂っていた。そうしたタイの鉄道も、今や様変わりしつつある。中国製の新型寝台車が走り、今年11月には新ターミナルのバンスー駅と都市鉄道の開業で、フアランポーン駅も閉鎖されるという。

駅閉鎖を前にタイを訪れたいが、新型コロナウイルスで今年も観光入国は難しそう。駅は博物館として残るが、人の往来や活気が失われるのは寂しい。(遠)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規ODA見直しで動揺も 進出企業、インフラ中心に関与(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

コロナ下の飲食、衛生で明暗 中高価格帯の店舗、集客後押し(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

カンタス、日本など国際線再開を10月末に延期(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン