• 印刷する

米シスコ、新北にア太初のソフト開発拠点

米ネットワーク機器大手のシスコシステムズは13日、新北市林口区のスタートアップ向け産業団地「林口新創園(スタートアップ・テラス)」にソフトウエア開発・運営センターを設置すると発表した。同社がアジア太平洋地域にソフトウエア開発拠点を設けるのは初めて。14日付自由時報などが伝えた。

シスコの台湾子会社、台湾思科系統(シスコ台湾)の陳志惟総経理によると、春節(旧正月、2021年は2月12日)明けにも運用を開始する予定。台湾企業との提携を従来のハードウエア中心からソフトウエアに拡大し、域内のソフトウエア人材やスタートアップなどをパートナーに取り込んだ上で、国際市場を共同開拓する。

同センターでは、シスコのソフトウエア開発プラットフォーム「DevNet」を設置し、同社のソフトウエアアーキテクチャーとアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を全面的に開放。能力のあるソフトウエア企業とともに開発を進め、ネットワークセキュリティー能力を高めながら、技術を応用していく。

陳総経理は「第5世代(5G)移動通信システムやAIoT(人工知能=AIとモノのインターネット=IoTの結合)時代に突入する中、シスコはソフトウエア開発とハードウエアの融合を重視している。センターの設置を通じて、台湾市場の深耕と関連人材の育成に努める」と述べた。


関連国・地域: 台湾米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

新型コロナ感染者、843人に(01/15)

TSMC、21年3兆円弱投資 前年比最大6割増、先端工程強化(01/15)

米シスコ、新北にア太初のソフト開発拠点(01/15)

通信衛星開発に40億元、25年打ち上げ(01/15)

合勤、ノルウェー国営通信と5G網で提携(01/15)

微星、21年のノートPC出荷量は2桁増目標(01/15)

ネクストミーツ、台湾市場で代替肉商品展開(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン