• 印刷する

貿産相、欧米各国との2国間貿易協定に意欲

フィリピンのロペス貿易産業相は11月30日、米国や欧州連合(EU)加盟国との2国間自由貿易協定(FTA)の交渉を進めていく考えを示した。マニラスタンダードが伝えた。

ロペス氏は国際シンクタンク主催のオンライン会議で、フィリピンが先月に署名した「地域的な包括的経済連携(RCEP)」のような多国間貿易協定だけでなく、相互の外交・貿易関係深化につながる2国間の協定も重視していると説明した。

具体的には、電子機器やIT・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)サービス、ヘルスケアなどに重点を置く考えを示した。

RCEP参加国がフィリピンの輸出入に占める比率の高さにも触れ、「フィリピンは既に世界のサプライチェーン(調達・供給網)に深く組み込まれている」と指摘。FTA交渉を積極的に進めることの重要性を強調した。


関連国・地域: フィリピン米国欧州
関連業種: 医療・医薬品IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「どんな変異だって。ウ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

変異種に警戒高まる 初感染者と同乗の13人陽性(01/21)

コロナ感染新たに1862人、計50万5939人(01/21)

港湾ICTSI、マニラ港の拡張完了(01/21)

シャングリ・ラ、2月から一時閉鎖(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

コカコーラのリサイクル事業に税優遇措置(01/21)

カガヤン州都、外出制限を再び厳格化(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン