【為替マーケット分析】短期的悲観と中期的楽観

■これまでの動き 週初11月16日、前週とは異なる米大手製薬会社もコロナウイルスに対するワクチンが高い予防効果を発揮したと発表、ダウ工業株30種平均(以下、ダウ平均)は約9カ月ぶりに過去最高値を更新して470米ドル高となるなどムードの良さが継続。豪ドルも0.7326米ドルまで…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーマーケットのコ…(01/28)

豪景況感、4カ月連続で上昇 回復基調鮮明に(01/28)

モンドルキリの金鉱、今年後半に生産開始へ(01/28)

IMF、豪など回復で世界成長率を上方修正(01/28)

豪CPI0.9%上昇、たばこなど値上がりで(01/28)

豪ブランド力CBAが1位、コロナ対応奏功(01/28)

ANA、新路線延期・パース便は10月まで運休(01/28)

豪大学、留学生ゼロで今年100億$損失も(01/28)

NSW、モールでのマスク義務を緩和へ(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン