【ウィズコロナ】コロナ発、協業ツール隆盛 在宅増加で求められる業務変革

新型コロナウイルス感染症の流行によるビジネス環境の変化を受けて、韓国で遠隔でのビジネスをサポートする「協業ツール」が急成長している。在宅勤務の広がりで業務のデジタル化が進み、需要が急増。「ズーム」や「スラック」といった世界大手が注目を浴びる一方、16日には地場I…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、3日連続で100人以下(12:49)

LSエレク、タイで鉄道信号事業を受注(17:01)

機械研と斗山、マシニングセンターを国産化(19:10)

サムスンバイオ、英製薬大手と長期受託契約(17:01)

テイクオフ:京畿道にある世景高等学…(09/22)

マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注(09/22)

「K防疫」の輸出拡大続く マスク部分解禁、検出試薬も成長(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

現代自が新工場、5年後に年産17万台体制に(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン