【ウィズコロナ】コロナ発、協業ツール隆盛 在宅増加で求められる業務変革

新型コロナウイルス感染症の流行によるビジネス環境の変化を受けて、韓国で遠隔でのビジネスをサポートする「協業ツール」が急成長している。在宅勤務の広がりで業務のデジタル化が進み、需要が急増。「ズーム」や「スラック」といった世界大手が注目を浴びる一方、16日には地場I…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

データセンター事業が急成長 クラウド需要増、アジア2位狙う(11/27)

コロナ感染者、8カ月ぶり500人超(11/27)

韓国CJグループ、年内にアミノ酸を生産(11/27)

韓銀がGDP1.1%に上方修正、金利は凍結(11/27)

公共機関で職員に議決権、改革に遅れも(11/27)

ウリ銀が固定費圧縮、3年で1000人削減(11/27)

ネイバーの検索サービス、日本再進出か(11/27)

SKハイニックス、利川工場にEUVライン(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン