寧徳時代、リチウム電池の実験施設着工

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)はこのほど、寧徳市でリチウムイオン電池の実験施設「21C実験室」を着工した。次世代型の電池開発などを推進する。ITニュースサイトのテックウェブが海外メディアを引用して6月29日伝えた。 約18万平方メートルの…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

9月の製造業PMI、0.5P上昇の51.5(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新型コロナ感染者、515人に(10/01)

牛肉の中国向け輸出、政府が準備に本腰(10/02)

テイクオフ:ほぼ漢字だけが並ぶメニ…(10/02)

中国でコンビニ倍増へ、30万店に(10/02)

レアアース中国依存低減へ、米大統領令(10/02)

プロトンの新SUV、発売前に予約4千台超(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン