• 印刷する

JKタイヤの米販売店が営業開始、販拡狙う

インドのタイヤ大手JKタイヤ・アンド・インダストリーズは1日、米国に新たに設立した現地法人が営業を開始したと発表した。同国での販売を強化し、海外事業の拡大計画を次の段階へ進める考えだ。

米国テキサス州ヒューストンに、販売・マーケティングを手掛ける「ウエスタン・タイヤズ」を設立した。

JKタイヤは既に20年以上、米国にタイヤを輸出している。米国を海外戦略における重要な市場と捉え、自前の販売・マーケティングチャンネルを持つことで販路拡大を狙う。

米国内のアフターサービスは、JKタイヤが工場を置くインドとメキシコからもサポートする。同社はインドに9カ所、メキシコに3カ所の工場を保有している。


関連国・地域: インド米国中南米
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国系の59種類のアプ…(07/13)

タイヤ大手が業績悪化 需要減で各社コスト削減に努力(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

タイヤ原料大手、チェンナイで新工場建設(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

メルセデスの販売、上期は3千台に半減(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

ホンダ二輪、オンライン予約を開始(07/13)

日立ABB、機関車用変圧器12億ルピー受注(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン