会社員平均給与、昨年10%増 今年はコロナで不透明感

中国国家統計局によると、2019年における会社員の平均年間給与は7万5,229元(約113万6,100円)となり、前年比10.0%増加した。伸び率は18年から1.0ポイント縮小した。近年10%前後の伸びが続いている会社員給与だが、第1四半期(1~3月)の全国可処分所得の伸び率は実質マイナ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(16:40)

新型コロナ感染者9人増、いずれも海外から(17:58)

テイクオフ:大学の一斉入試「高考」…(07/09)

駐車場、8千万台規模で不足 マイカー普及拡大、建設の遅れで(07/09)

自貿区政策の全国拡大、第6弾37項目を発表(07/09)

MGがEVカーシェア、7月中旬にも開始(07/09)

セメント大手ウルトラ、中国子会社を売却(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン