日本の技術で食農環境を改善 日印協業、農水省がセミナー

日印両政府がインドの食農環境の改善に力を入れている。農産物の約3割が廃棄されるインドでは、食品ロスの削減や生産能力の向上が課題とされる。日本の農林水産省は生産、加工、流通を経て消費に至る「フードバリューチェーン」の構築と最適化を日印企業の協業を通じて実現し、課…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ対策の全土封…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

政府が農業支援を強化 1兆ルピー基金でインフラ構築へ(08/11)

自動車小売り販売、7月は36%減(08/11)

ルノー、4~7月に販売拠点を17カ所増設(08/11)

サムスン、印スマホ市場でシャオミに後塵(08/11)

ダイムラー、中古トラック販売に参入へ(08/11)

マヒンドラ、米国工場の建設計画を中止(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン