• 印刷する

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位

ドイツの非政府組織(NGO)「ジャーマンウオッチ」は4日、台風や洪水などの気象災害の影響をランク付けした報告書「世界気候リスク・インデックス」の2020年版を公開した。日本が18年7月の豪雨で甚大な被害を受けたことなどから世界183カ国でワースト1位となり、大型台風の被害を受けたフィリピンが同2位だった。東南アジア諸国では、タイが前年の10位から67位に下がるなどした。ただ、1999~2018年の順位ではワースト10に東南アジアの4カ国が入っている。ジャーマンウオッチは気候変動への適応が急務と警鐘を鳴らしている。

指標となる気候リスク・インデックス(CRI)は、気象災害による◇死者数◇人口10万人当たりの死者数◇経済的損失◇経済的損失の国内総生産(GDP)に占める割合――の各項目で国・地域別にランク付けし、その順位の数字に項目ごとに設定したウェートを掛けて算出した数値を足したもの。CRIが低いほど気象災害の影響が大きいことを意味する。

日本は、昨年7月の西日本を中心とした豪雨で200人以上が死亡し、住宅被害も甚大だったほか、埼玉県熊谷市で日本の観測史上最高となる41.1度を記録したことなどにより指数が悪化した。18年は日本のほかドイツ(ワースト3位)やカナダ(同9位)といった先進国がワースト10に入っており、ジャーマンウオッチは先進国で熱波(平均気温を5度以上上回る日が5日以上続く現象)による死者が多いと懸念を示した。

ドイツでは19年に同国の観測史上最高の42.6度を記録しており、今後も欧州では熱波が頻繁に発生するだけでなく、より強力になるみられると指摘した。その上で熱波への適応や影響を抑えるための予防が必要になると提言した。

東南アジアでは、フィリピンがワースト2位となった。18年9月に発生した5段階で最高の「カテゴリー5」の台風により少なくとも59人が死亡し、25万人以上が被害を受けたことなどが影響した。昨年ワースト6位のベトナム、同10位のタイは、それぞれ16位、67位に下がった。

ただし、1999~2018年のCRIは、ミャンマーがワースト2位、フィリピンが同4位、ベトナムが6位、タイが8位、カンボジアが12位となり、東南アジア諸国は台風や洪水などの気象災害の影響を大きく受けている結果が示されている。

世界気候リスク・インデックスは、ジャーマンウオッチが毎年発表しており、今回が15回目。<https://germanwatch.org/en/17307>。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ブルネイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月に起きた、銀行口座…(10/27)

タイからの入国者、隔離を免除に(10/27)

事故と隣合わせの宅配運転手 背景に交通事情、雇用環境の悪化(10/27)

感染者7706人、7月初旬以降で最少(26日)(10/27)

中古車市場、今年は20~30%拡大の見通し(10/27)

ダイヤモンド電機、アユタヤの子会社を清算(10/27)

新興企業のEV産業参入、コロナ後に加速へ(10/27)

メルセデスベンツ、再生部品の販売強化(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン