【為替マーケット分析】地合い悪く、重い0.68米ドル台

■これまでの動き 先週の豪ドルは、0.6790米ドル付近で取引開始、8月13日に0.6818米ドルの高値をつけた後、翌14日0.6736米ドルの安値をつけて0.6780米ドル付近で越週、週足で見ると4週連続となる陰線を引いた。 日本が祝日で静かな週明けを迎える中、12日は、長期化且つ激化す…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(20:17)

5月の豪クレカ債務が急減、13年来の最低に(18:33)

豪観光業1Qに60億$損失、今後さらに悪化(18:33)

産出国なのに高い?豪のガス価格は世界18位(18:33)

テイクオフ:ビクトリア州で新型コロ…(07/08)

メルボルン、6週間再封鎖へ NSW州境はきょうから警備強化(07/08)

NSW観光業が回復、VICスキー場は閉鎖(07/08)

カンタス、メルボルン発着便を7月中減便(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン