【為替マーケット分析】地合い悪く、重い0.68米ドル台

■これまでの動き 先週の豪ドルは、0.6790米ドル付近で取引開始、8月13日に0.6818米ドルの高値をつけた後、翌14日0.6736米ドルの安値をつけて0.6780米ドル付近で越週、週足で見ると4週連続となる陰線を引いた。 日本が祝日で静かな週明けを迎える中、12日は、長期化且つ激化す…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:乾燥した長い冬が終わり…(09/20)

豪8月失業率、5.3%に悪化 年内は雇用市場停滞か(09/20)

連邦、悪質サービス残業強要の刑事罰化も(09/20)

豪ヴァージン、羽田―ケアンズ便を検討か(09/20)

豪NZと最初にFTAを、英がEU離脱後に(09/20)

〔政治スポットライト〕豪州、国連気候サミットでの演説禁止に(09/20)

三井物産、バス海峡ガスプロジェクト売却へ(09/20)

米エクソン、バス海峡ガス合弁の権益放出(09/20)

NSW、韓KEPCOの炭鉱計画を却下(09/20)

オーリゾンが米鉄道企を提訴、豪事業売却で(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン