• 印刷する

新車の品質が大幅向上、JDパワー

市場調査世界大手の米JDパワーは先ごろ発表した2019年中国新車品質研究リポートで、中国国内で販売される新車の品質が大きく向上しているとの調査結果を明らかにした。新車の問題発生は前年比で約10%減っており、調査対象67ブランドのうち、52ブランドが前年より改善したとしている。

調査は毎年実施しており、今年は20年目となる。

新車購入から2~6カ月の購入者が感じた問題点を調査し、100台当たりの平均発生件数を点数化。点数が小さいほど問題発生が少なく、質が高いことを示す。全体では100台当たり95ポイントと、前年から10ポイント改善した。分野別では内装の改善が2.9ポイントと最も大きかった。

ブランド別で見ると、高級車では独アウディが73ポイントと最高。トヨタ自動車のレクサスと独ポルシェがともに76ポイントで2位につけた。

マス市場では、韓国現代自動車グループの起亜自動車と中国自動車大手の東風汽車集団などが合弁経営する東風悦達起亜汽車が83ポイントでトップ。2位は独BMW傘下のMINI(ミニ)で86ポイントだった。3位は韓国の現代自動車と北京汽車が合弁経営する北京現代、大手の広州汽車集団(広汽集団)とホンダが合弁経営する広汽本田汽車(広汽ホンダ)、米ジープが89ポイントで並んだ。国産自主ブランドのトップは広汽集団傘下の広汽乗用車が手掛ける「伝祺」シリーズが90ポイントで確保した。


関連国・地域: 中国-全国韓国日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(14:06)

イケア、中国に来年度100億元を投資(08/23)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/23)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

財政部「貿易戦に強い恩恵」 振り替え受注で、輸出押し上げへ(08/23)

観光相がバス事故の中国人負傷者を慰問(08/23)

「景気後退のリスク高い」 財政長官、警戒姿勢強める(08/23)

民営企業ランク、首位は華為 米中摩擦や人件費の課題も(08/23)

東亜銀、社会不安による経済圧迫を警告(08/23)

「証照分離」を大幅拡大、自貿区で12月から(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン