ウーバー赤字5500億円、株式上場で巨額費用計上

【ニューヨーク共同】米配車大手ウーバー・テクノロジーズが8日発表した2019年4~6月期決算は、純損益が52億3,600万ドル(約5,500億円)の赤字(前年同期は8億7,800万ドルの赤字)だった。米メディアによると、赤字額は過去最大。5月の株式上場に伴い、従業員への株式報酬に関…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンに冷蔵倉庫兼事務所 F&P、ミャンマー事業拡大へ(09/17)

【予定】17日 米連邦公開市場委員会ほか(09/17)

【業界探訪】訪日台湾人、今年500万人へ 雄獅旅行社の游国珍総経理に聞く(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

テロ後のスリランカ、正常化へ 投資委が東京でセミナー(09/17)

小型MPVの新モデルを発表 トヨタとダイハツ、販売維持目標(09/17)

1~7月の光学レンズ輸出額、初の日本超え(09/17)

新車販売満足度、トヨタが2年連続で首位(09/17)

Jパワー、発電所の共同開発でマラコフと覚書(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン