三井物産が酪農事業、乳牛5千キロ空輸

【共同】三井物産が、オーストラリアの乳牛約千頭を5,000キロほど離れたインドネシアに空輸し、乳製品を製造販売する大掛かりな事業を進めている。インドネシアの牧場で飼育し、生産から加工まで一括管理。食の西洋化が進展する東南アジアでは鮮度の良い乳製品の消費増が見込まれて…

関連国・地域: インドネシアオーストラリア日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

バリ空港、イスタンブール直行便が就航(07/19)

ゴジェックとアストラ、自動車リースを開始(07/19)

国内最大の自動車展が開幕 25ブランド出展、起爆剤となるか(07/19)

自動車展:4トップ、電動車など新技術紹介(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

自動車展:スズキは「ジムニー」を販売(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

自動車展:日系商用車3社、新モデル発表も(07/19)

自動車展:VWは組み立て生産を再開(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン